bata

「東ヨーロッパのフォード」と呼ばれたシューズメーカー

シューズブランド、バタ(Bata)は、1894年チェコスロバキア(現チェコ)のズリンでトーマス・バータにより創業。当初は小規模な靴製造からスタートし、第1次世界大戦中 軍用の靴の需要拡大により大規模な工業生産へ。

1917年まで一年間に200万足ペースで靴を販売するようになり「東ヨーロッパのフォード」といわれるまでに発展。

1930年代からラバーソールのスポーツ・シューズ(テニスシューズなど)で成功、世界最大のシューズ輸出企業に。現在「バータ」はローザンヌ(スイス)に本社を置き50カ国以上支店を持ち、創業から現在まで140億足の靴が生産されました。

ネット以外にも実店舗で多数商品を取り扱っていますので、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
問い合わせフォームへ

現在、商品はございません。